久しぶりに出会う馴染みの家で後輩を交えてお泊まり会をしました

ハイスクールの時に仲良くなった友だちがいます。
僕は部活に入っていなかったのでおんなじ中学校の後輩はふれ合いはありましたが、高校生の後輩はまるでふれ合いがありませんでしたが、仲良くなったその友だちを機会に後輩とも遊ぶようになりました。

友だちという後輩は高校生卒業後は進学、僕はキャリアを通していたので、高校生卒業後はだんだんと疎遠になってしまいました。
ただし、本年に入って急に友だちからお知らせがあり、一緒に実況に行くことになりました。
実況終わりにご飯を食べて昔話をしたり、面白く過ごしたことをfacebookに書き込むと、後輩からその友だちにお知らせがあったそうで、私も覇者に会いたいから今度遊ぶときは誘って下さいというそうです。

友だちは本年結婚したばかりで、更に生まれ故郷には住んでいないのですが、生まれ故郷から離れてしまったので物寂しいから二人で泊まりに来てくれないかと言われたので、主人もいるしセキュリティー?と思いましたが、インターナショナルブライダルだそうで、こっちの習慣にも慣れて下さいからお願いしたいと言われて、後輩と泊まりに行くことになりました。

心配するほどいたたまれない趣旨でもなく、主人も含めた四やつで常識焼きの食べ放題をめぐって、家に帰ってからは四やつでマリオの舞台を通して、笑いが止まらないほど盛り上がりました。

口下手な主人でしたが、解散したあと、楽しかったからまた来てほしいねと言ってくれていたそうです。

また翌月企画してるみたいなので、今度はどんな遊戯をしようかって今から楽しみです。http://www.zakpum.com/

久しぶりに出会う馴染みの家で後輩を交えてお泊まり会をしました

ヒグマのいる森の近くでイノシシに襲われる思いを見た

妙な切望を見ました。ヒグマというイノシシが出てくる切望だ。
夢の中で、わたくしはもうすぐ森の中に散歩に出かけるカテゴリーを見送っていました。その森にはヒグマもいるようです。「気をつけてね」という見送りながらカテゴリーにはナチュラル案内のクライアントもついているので大丈夫だろうと思い、独自は帰途につきました。その帰路で非常識体のおっきい牡のイノシシに襲われました。夢の中で必死に逃げていたような気がします。
何故そんな夢見たんだろう?って不思議です。そういえば寝る前に「山々で遭遇するならヒグマってイノシシ、どっちが怖いだろう」と考えていました。それがただただ切望に出てきたんですね。夢の中でイノシシに襲われたは、「イノシシの方が簡単」という判断したに関してでしょうか。
ヒグマといったイノシシ、とももしも襲われたらとても危険な鳥獣だ。日本国内でも死傷案件が起きています。ヒグマは基本的にクライアントは捕食取り止めるそうですが、ヒグマを怒らせたり、クライアント肉の味を覚えてしまったヒグマだったりするとクライアントを襲って現れることもあるそうです。しかし、ヒグマは北海道しかいません。イノシシは主に西日本の山に多い鳥獣だ。苦悩や怒りからキャラを襲うこともあるそうです。イノシシは強靭体躯という賢い牙を持っています。タックルされると大変です。イノシシは木などに登れないので、もしも襲ってきたら木や岩の上によじ登って止めるといった効くそうです。
山登りやワンダーフォーゲルは大好きなのですが、クマやイノシシに遭遇してしまったときの対策を知っておくのも大切ですね。詳細を見るならこちら

ヒグマのいる森の近くでイノシシに襲われる思いを見た