生姜入りの甘酒を飲んで寒さに対抗するぞ!って意気込んでいるのですが

この前果てしなく優しい太陽がありましたよね。
12月になったのにこんなにも暖かいんだったら、8月になったら地球が溶けちゃうよとか冗談を言ってたんですけど、
その後なんか急に冷え込んです気がします。
もしかして冗談が楽しく無くて寒くなったのでしょうか?

冗談はさておき、ホント寒いですね。
吹きかける独特が刺々しいって言うのは無論ですけど、温度が低くなるとともに味方の地も氷のように冷たくなって、
なんかもう一度全身から寒くてしょーがないって感じだ。

味方が冷えるのは体温が少ないからという話を聴きまして、解消するには体温を売る必要があるのだとか。
その体温増に効果的なのが生姜ですよ!

生姜を意識的に摂取する結果全身から温められ、体温があがり、味方も十分に温まれば、少し温度が低くても大丈夫になると言うのです。

それで直ちに生姜を買いこみ、生姜三昧。
ついでに酒かすも買って、砂糖を足して、美味い甘酒の出来上がりだ。
それは良いですよ~、甚だしく温まります。

甘酒って言うと夏季の季語らしきんですけど、やっぱり冬に呑むのが最良おいしいか?
甘酒のおかげですっかりぽかぽかになって、暖房無しでも余裕で過ごせているのですが、気になる店がグループだけ。

カロリーが、強いんですよね。

温まるし、味わいも好きだから飲み込むのは苦じゃないけど、投入した砂糖の音量を思い出すという憂慮だ。
砂糖の代わりにあま味をつけられる売り物って言ったら、ハチミツとか黒砂糖辺りでしょうか。

それでもハチミツの甘さってなんかこう、ふっくらしてると言うか、パンやスコーンに貼付状態で塗るというとっくり聞こえるのに、
液体に投入すると途端にぼやけた味わいになるんですよね。
統括のとれてたあま味たちが、水気を得た瞬間にからきしバラバラにどっかへ行っちゃう趣。

確実な甘味漬けにはいよいよ上白糖が一番ですなと思うのですが・・・上白糖と同じあま味でカロリーの少ない物を探してみます。http://xn--w8jyj4b7f0dx79tngnpujsyb.com/

生姜入りの甘酒を飲んで寒さに対抗するぞ!って意気込んでいるのですが